九州の厳選した自動車学校の免許合宿プランをご紹介!東京・大阪・福岡からの合宿免許は九州合宿免許センターにおまかせ。

運転免許についてのさまざまな情報

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報

中型免許についての細かい情報

普通免許について  自動二輪免許について  大型免許について

大型特殊免許について  中型免許について  牽引免許について

中型運転免許について

中型自動車免許(中型免許)は2007年(平成19年)6月2日から施行(改正)された道路交通法によって新設された新しい運転免許証の区分です。この法改正により、普通自動車、大型自動車の区分が変更され、さらに中型自動車という区分が新しく加わりました。普通免許、大型免許と同様に、「中型自動車第二種免許・中型仮免許」も同時に新設されました。
また法律の改正前に普通自動車免許をその前により所持されていた方が運転免許証の更新をする場合、運転免許証の免許種類欄は、普通から中型に変わりますが、免許証の条件欄には「中型車は中型車(8t)に限る」との条件が記載されます。
※改正前の普通免許を受けている方は、「中型車8t限定(AT中型車限定)」の条件を付された中型免許(一種・二種免許)を所持しているとみなされるため、改正後も改正前と同じ範囲(普通免許の場合は車両総重量8t未満、最大積載量5t未満、乗車定員10人以下)の自動車を運転することが可能(改正後に取り消し処分を受けて新たに普通免許を取得した場合は適用外となります)。

中型免許の取得の流れを一緒に見ていこう!

各都道府県の指定自動車教習所にて合宿免許もしくは通学免許で中型自動車免許(中型免許)を取得する場合、次のような流れとなります。
1:指定自動車教習所に入学(入校)
2:適性検査(視力・聴力検査など)
3:技能講習・学科講習
4:技能終了検定(敷地内での運転試験)
5:仮免許証交付
6:技能講習・学科講習
7:技能卒業試験(路上試験)
8:運転免許試験場での適性検査(視力検査など)
9:中型自動車免許証(中型免許証)交付
※学科試験は免除されます。

中型免許取得のための条件について

中型自動車免許(中型免許)を取得するには以下の条件を満たさなければ取得ができませんので中型免許取得をお考えの方は十分に条件を確認しておきましょう。

■所持免許条件
普通自動車免許、または大型特殊免許取得者で、運転経験期間(免許停止期間を除く)が通算して2年以上経過していること(中型二種免許は3年以上)。
■年齢
中型自動車免許(中型免許)は満20歳以上(中型二種免許は21歳以上)の方でなければ取得することができず、19歳で指定自動車教習所に入学し講習を受講することも可能ですが、仮免許申請時点で、満20歳以上になっている必要があります。
また普通自動車免許、大型自動車免許と同様、9ヶ月以内にすべての教習を終了しなければなりません。
※自動車教習所によっては、満20歳以上でなければ入校できない場合もありますので事前に確認しておきましょう!
■視力
両眼で0.8以上、片眼で0.5以上、深視力検査での誤差が2cm以下、視野150°以上であること(眼鏡・コンタクトレンズ使用可)。
■聴力
10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえること。
■学力
普通の読み書きができ、その内容を理解できること。
■運動能力
中型自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないこと。
また以下の条件に該当する方は大型特殊の転免許を取得することはできません。
・法定で定められた病気(精神病・てんかん等)や、中毒(アルコール・麻薬・覚せい剤等)にかかっている方。
・交通違反や事故などの行政処分を受け、欠格期間が終了していない方(欠格期間が終了していれば取得可能)。

改正道路交通法の施行前に免許を受けている場合は、運転できる自動車の範囲は変わりますか?また、何か手続が必要ですか。

改正道路交通法の施行前に「普通免許」、「大型免許」、「普通第二種免許」又は「大型第二種免許」を受けている方は、法の施行後も改正前に運転することができる自動車と同じ範囲の自動車を運転することができます。
「普通免許」を受けている方の場合、
乗車定員10人以下 車両総重量8トン未満 最大積載量5トン未満の自動車を運転することができます。
手続は必要ありません。
「普通運転免許」を受けている方には、改正道路交通法の施行後、運転免許証の更新時や再交付時等に、運転できる車両の重量などを限定する条件が表記された「中型免許」の免許証が交付されます。
○  中型免許を受けようとする方は、中型車講習及び応急救護処置講習の受講が必要になります。
○  中型第二種免許を受けようとする方は、中型旅客車講習及び応急救護処置講習の受講が必要になります。
○  改正道路交通法の施行後に、大型免許を受けようとする方についても、大型車講習及び応急救護処置講習を受講することが必要となります。

なぜ大型自動車の基準を車両総重量11トン以上、最大積載量6.5トン以上、乗車定員30人以上とするのか?

車両総重量を11トン以上とするのは、現行法では、車両総重量11トン以上の自動車は一定の要件を満たす大型免許保有者でなければ運転できないこととされているところ、これらの自動車について、自動車一万台当たりの死亡事故件数が顕著に高く、また、車両の大型化が進んでいるため、免許制度上の事故防止対策を講ずる必要があるためです。

最大積載量6.5トン以上、乗車定員を30人とするのは、現行の制度において車両総重量11トンに相当する最大積載量は6.5トン、乗車定員は30人以上とされているためです。