九州の安くてお得な免許合宿をご紹介!東京・大阪・福岡から自動車学校探しは九州合宿免許センターにおまかせ。


運転免許に関する語句

運転免許に関する語句1-1  運転免許に関する語句1-2

シートベルト

乗員拘束装置。座席に乗員を固定するための装置です。
歴史は古く、1903年にフランスで特許が申請されています。
現在の3点式は、1959年にボルボが開発・採用した方式が広まったもの。

スクーター

足置き部分が平らになっている原動機付自転車を指す。
もともとscootとは、急いで行く・走るの意味があり、そこからモーターを使って速く走るという意味で派生しました。

スピードリミッター

ある一定以上のスピードが出ないように、エンジンの回転を制御する装置。
点火装置で制御するタイプと燃料をカットするタイプがあります。

スピンターン

タイヤを横滑りさせて車の向きを変えるテクニック。

スリップサイン

タイヤが磨り減っていることを示すところ。タイヤの横の一番外回りを見ると△が記されている。
タイヤが磨り減るとまずこの部分の溝がなくなってわかるようになってます。
スリップサインが表れた車は、整備不良車として処罰の対象になります。

レッドゾーン

タコメータの赤く表示された部分。これ以上回転数を上げるとエンジンが損傷・破壊する可能性があることを警告しています。

シートアジャスター

座席の姿勢を調整する装置の総称。adjust(アジャスト)は合わす、調節するという意味。

チャイルドシート

子供専用の車載用装置。平成11年6月より6歳未満の子供に装着を義務付けられる。
平成12年4月より。反則点数と反則金適用開始。

シートリフター

Lift(リフト)とは持ち上げるという意味。 この意味からシートの高さを調節する機構を指します。

車道

車の通行のため縁石線、さく、ガードレールなどの工作物や道路表示によって区分された道路の部分をいいます。

ラジエター

人間が高温の熱を出すと歩くことも出来なくなるようにエンジンにも適温があります。ラジエタ-はエンジンを冷やすための冷却器でエンジンの前にあり、走行中風を受けることで中の水が冷える仕組みになっています。

車両総重量

車の重量、最大積載量、乗車定員の重量(1人55kgとして計算)の総合計重量をいいます。

ロービーム

下向きのヘッドライトのこと。40m先まで照らすように調節されています。勝手に60mにしたりすることはできません。

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報