九州の厳選した自動車学校の免許合宿プランをご紹介!東京・大阪・福岡からの合宿免許は九州合宿免許センターにおまかせ。

rank_sm

安全運転【交通安全について】シートベルトの着用

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報

安全第一交通安全について

自動車社会において自動車学校の役割として道路交通法の基本、『安全で一生無事故のドライバー育成と地域交通社会に貢献する』ことを目指し、また免許取得を通して命の大切さ、命の尊さを深く認識してもらい、安心安全に対する強い自覚を芽生えせる事を目的としています。
また、高齢者の交通安全活動の実施に必要な手法や知識を習得し、常に指導力の向上をはかるとともに、参加、体験、実践型の高齢者交通安全教育の推進役となっていくものとして公安委員会指定自動車学校があるといえます。
こちらのページでは運転免許所有者も運転免許を持っていない方も同じ車社会に生きるものとして必要な情報を集めました。

自動車運転における死角について

車両間の意志の疎通方法について

適性検査結果に基づく行動分析について

人間の能力と運動について

安全速度と車間距離について

二輪車の特性と乗車姿勢と走行の仕方

歩行者の交通安全について

雨のときの自動車運転について

霧のときの自動車運転について

砂利道やぬかるみなどがあるときの運転について

自動車故障や燃料切れなどにより走行が不可能になった場合

災害などの発生時の対策について

交通事故の悲惨さについて

自動二輪の露出について

シートベルトの着用について

シートベルトの着用について

シートベルトはなぜ必要なの??

自動車運転においてシートベルトをしないことは違反です。運転者の中には窮屈で面倒だとかすぐそこまでだからとか、そんなに運転速度をだしていないとかさまざまな理由をつけてシートベルトの着用義務を無視される方がいますがシートベルトにはとても大きな効果があります。
ですからシートベルトは自動車を運転するときはどのような状況にあろうとも必ずシートベルトをつけるように習慣づけましょう。
さらにお子様や幼児を乗車して自動車を運転されるときはその幼児にチャイルドシートを使用することが義務付けられています。

シートベルトの効果性

まず自動車運転中にシートベルトを着用していると衝突事故を起こした場合に頭や胸を打つことが少ないということ、さらに運転中にドアが開いてしまっても社外に放り出されることがないということ、運転姿勢がよくなり運転中のハンドル操作が正確になるということ、動体視力の低下がすくないということ、運転中の腰や肩の疲労が軽減されるということが自動車運転時のシートベルト着用の効果だといえるでしょう。

後部座席やお子様のシートベルト着用について

子供を抱いた状態で自動車運転を行いながら走るのはやめましょう。
時速40kmで衝突した時、子どもの体重の30倍の力で前に飛び出すことになるという推測結果が出ています。
それでもあなたは運転中に子供を抱っこしますか?その力は とても人の力では抑えることはできません。ですからかならず 6歳未満のお子さんには、チャイルドシートを使用しましょう。
また、後部座席シートベルトの非着用の致死率は、着用の場合の約4倍です。高速道路での事故は、衝突時の衝撃が大きく、乗員が車外に放出される場合があります。
車外放出の事故は、死亡の確率が非常に高く、特にシートベルト非着用の場合顕著であり、車外放出防止のために全席シートベルト着用が絶対条件だといえるでしょう。

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報