九州の厳選した自動車学校の免許合宿プランをご紹介!東京・大阪・福岡からの合宿免許は九州合宿免許センターにおまかせ。

安全運転【交通安全について】死角の事例をご紹介

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報

安全第一交通安全について

自動車社会において自動車学校の役割として道路交通法の基本、『安全で一生無事故のドライバー育成と地域交通社会に貢献する』ことを目指し、また免許取得を通して命の大切さ、命の尊さを深く認識してもらい、安心安全に対する強い自覚を芽生えせる事を目的としています。
また、高齢者の交通安全活動の実施に必要な手法や知識を習得し、常に指導力の向上をはかるとともに、参加、体験、実践型の高齢者交通安全教育の推進役となっていくものとして公安委員会指定自動車学校があるといえます。
こちらのページでは運転免許所有者も運転免許を持っていない方も同じ車社会に生きるものとして必要な情報を集めました。

自動車運転における死角について

車両間の意志の疎通方法について

適性検査結果に基づく行動分析について

人間の能力と運動について

安全速度と車間距離について

二輪車の特性と乗車姿勢と走行の仕方

歩行者の交通安全について

雨のときの自動車運転について

霧のときの自動車運転について

砂利道やぬかるみなどがあるときの運転について

自動車故障や燃料切れなどにより走行が不可能になった場合

災害などの発生時の対策について

交通事故の悲惨さについて

自動二輪の露出について

シートベルトの着用について

死角の事例をご紹介

自動車運転における死角について  死角の事例をご紹介  交差点での死角について

死角の事例をご紹介

実際の道路交通には、死角となっているところが数多くあります。無事故運転者は、死角となっているところに危険がないかと探り、常に慎重な運転をしています。
しかし、事故を起こした運転者の言い分をご紹介すると・・・・・
①駐車車両の陰に歩行者がいることに気づかなかった。
②カーブで対向車がきているとは考えもしなかった。
③交差点で右方から車が来るとは思いませんでした。
などなど、死角にある危険を予測せず、先入観で対向車や人がいないものと自分で勝手な判断をしていることに原因があるとおもわれます。
運転中に視野に入らない交通、今見えていない交通に常に注意を払い、本当に予測すべき交通がないのか十分に確認することが大切であります。

自動車自体が生み出す死角について

すべての自動車には、範囲には差があるものの、その自動車自体の構造から来る死角の部分がどうしても出てきます。
その死角を補うものとして、道路運送者両方の基準では、バックミラーやアンダーミラーの取り付けが義務づけられていますので、周囲の状況に最高の注意、目配りをしましょう。

車両が生み出す死角について

駐停車している車両にはどうしても死角となる部分が発生します。
特に、両側に駐停車車両がある場合は、死角が両側にでき片側に駐停車車両がある場合に比べ歩行者などの発見の困難度を高くなりますから、運転者は両側に対し注意をしなければなりません。

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報