九州の厳選した自動車学校の免許合宿プランをご紹介!東京・大阪・福岡からの合宿免許は九州合宿免許センターにおまかせ。

安全運転【交通安全について】車両間の意志の疎通方法

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報

安全第一交通安全について

自動車社会において自動車学校の役割として道路交通法の基本、『安全で一生無事故のドライバー育成と地域交通社会に貢献する』ことを目指し、また免許取得を通して命の大切さ、命の尊さを深く認識してもらい、安心安全に対する強い自覚を芽生えせる事を目的としています。
また、高齢者の交通安全活動の実施に必要な手法や知識を習得し、常に指導力の向上をはかるとともに、参加、体験、実践型の高齢者交通安全教育の推進役となっていくものとして公安委員会指定自動車学校があるといえます。
こちらのページでは運転免許所有者も運転免許を持っていない方も同じ車社会に生きるものとして必要な情報を集めました。

自動車運転における死角について

車両間の意志の疎通方法について

適性検査結果に基づく行動分析について

人間の能力と運動について

安全速度と車間距離について

二輪車の特性と乗車姿勢と走行の仕方

歩行者の交通安全について

雨のときの自動車運転について

霧のときの自動車運転について

砂利道やぬかるみなどがあるときの運転について

自動車故障や燃料切れなどにより走行が不可能になった場合

災害などの発生時の対策について

交通事故の悲惨さについて

自動二輪の露出について

シートベルトの着用について

車両間の意志の疎通方法について

車両間の意志の疎通方法について

運転中の車両間の意志の疎通は、交通の安全と快適な運転をするうえできわめて重要です。必ずしも行わなければならないことではないのですが、車両に備え付けてある装置を使い、実際にさまざまな方法で車両間の意思疎通が図られています。
この意思の相通というのはさまざまな状況により意味が変化してきますので周囲の状況を踏まえて行う必要があります。

交差点でのバッシングについて

右折待ちの車両に対し、お先にどうぞという意味を示すために対向車直進車が減速し、あるいは停止してバッシングをすることがありますが、単にバッシングをしたときは、自分が先に行くから進行しないでください。
という意味を持っていることがありますのでご注意ください。

ハザードランプの点灯について

①高速道路などで渋滞であることを後続車両に伝える意思疎通方法としてハザードランプを点灯させることがあります。
②渋滞時に、自車の前に車を入れてあげた場合に、前に入れてもらった車が感謝の気持ちを表現する方法としてハザードランプを点灯させることがございます。

短路でのウィンカーについて

直線道路で前車がウィンカーを出し、速度を落として左側によった場合は【追い越し&追い抜きしてください。】という意味を表していることがあります。状況によって違いますので確実に状況を把握し走行するよう心がけましょう。

前照灯の切り替えについて

夜間などの暗いときに、信号機のない交差点付近を通過する際、自車の存在を他車に認識してもらうために、低速にしながら前照灯の上下の切り替えを行うことがあります。また、狭い道で対向車に道を譲る場合に、消灯することがあります。