九州の厳選した自動車学校の免許合宿プランをご紹介!東京・大阪・福岡からの合宿免許は九州合宿免許センターにおまかせ。

rank_sm

安全運転【交通安全について】認知と判断と操作

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報

安全第一交通安全について

自動車社会において自動車学校の役割として道路交通法の基本、『安全で一生無事故のドライバー育成と地域交通社会に貢献する』ことを目指し、また免許取得を通して命の大切さ、命の尊さを深く認識してもらい、安心安全に対する強い自覚を芽生えせる事を目的としています。
また、高齢者の交通安全活動の実施に必要な手法や知識を習得し、常に指導力の向上をはかるとともに、参加、体験、実践型の高齢者交通安全教育の推進役となっていくものとして公安委員会指定自動車学校があるといえます。
こちらのページでは運転免許所有者も運転免許を持っていない方も同じ車社会に生きるものとして必要な情報を集めました。

自動車運転における死角について

車両間の意志の疎通方法について

適性検査結果に基づく行動分析について

人間の能力と運動について

安全速度と車間距離について

二輪車の特性と乗車姿勢と走行の仕方

歩行者の交通安全について

雨のときの自動車運転について

霧のときの自動車運転について

砂利道やぬかるみなどがあるときの運転について

自動車故障や燃料切れなどにより走行が不可能になった場合

災害などの発生時の対策について

交通事故の悲惨さについて

自動二輪の露出について

シートベルトの着用について

認知と判断と操作について

認知と判断と操作  視覚の動き  視野と速度の関係

認知と判断と操作について

運転者が、走行中にブレーキを行うときに、はじめに目や耳で障害物を認知し、ブレーキをかけるべきだと判断してから、行動を行いますよね?
この運転中における認知から操作への動きというのは時間がかかります。
短い間にすべての情報を認識するのは大変難しいことですね?
また、車の走行速度や障害物との距離などを判断するときは、自分の判断が実際の速度や距離とは異なることがあるので注意しましょう。さらに、周囲の環境や運転手の精神状態などによっても判断がいっそう困難になるおそれがあります。
人間の能力には限界があることを理解した上での運転が求められます。

人間の反応時間について

運転者が危険な状況を把握してからブレーキをかけてきき始めるまで約1秒の時間がかかるといわれています。
このことを反応時間といいます。
一秒間に走る距離は、速度が速ければ速いほど長くなり、障害物を避けることが難しくなるので、運転時の速度は控えめにし、ブレーキは常にはやめに行うように心がける必要があります。

反応時間の3段階について

反応時間=反射時間+踏み替え時間+踏み込み時間