九州の安くてお得な免許合宿をご紹介!東京・大阪・福岡から自動車学校探しは九州合宿免許センターにおまかせ。

安全運転【交通安全について】歩行者の交通安全

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報

安全第一交通安全について

自動車社会において自動車学校の役割として道路交通法の基本、『安全で一生無事故のドライバー育成と地域交通社会に貢献する』ことを目指し、また免許取得を通して命の大切さ、命の尊さを深く認識してもらい、安心安全に対する強い自覚を芽生えせる事を目的としています。
また、高齢者の交通安全活動の実施に必要な手法や知識を習得し、常に指導力の向上をはかるとともに、参加、体験、実践型の高齢者交通安全教育の推進役となっていくものとして公安委員会指定自動車学校があるといえます。
こちらのページでは運転免許所有者も運転免許を持っていない方も同じ車社会に生きるものとして必要な情報を集めました。

自動車運転における死角について

車両間の意志の疎通方法について

適性検査結果に基づく行動分析について

人間の能力と運動について

安全速度と車間距離について

二輪車の特性と乗車姿勢と走行の仕方

歩行者の交通安全について

雨のときの自動車運転について

霧のときの自動車運転について

砂利道やぬかるみなどがあるときの運転について

自動車故障や燃料切れなどにより走行が不可能になった場合

災害などの発生時の対策について

交通事故の悲惨さについて

自動二輪の露出について

シートベルトの着用について

歩行者と自転車の交通安全について

歩き時の交通安全対策  夜間における自転車の交通安全対策

歩き時の交通安全対策について

日常生活の中で歩道や路側帯を歩き、それらがない道路がある場合は車をカンタンに確認できるようにするために必ず右側を歩行するようにし車の動きに注意しましょう!
また、歩道のない交通量の多い道路などでの立ち話など通行の妨げになるようなことは非常に危険ですのでやめましょう。
また、電動いすなんかを使用するときは。歩行者としての交通ルールをしっかり自覚し、交通マナーをを守って快適な運転社会を築いていきましょう。また、十分に操作方法を取得した上で通行するようにしましょう。

自転車と歩道の関係について

自転車は、車道と歩道の区別のある道路では原則として車道の左側端を通行しなければなりません。
『自転車歩道通行可規制』が実施されている歩道がある場合には、歩道を通行することができます。しかし、この場合、車道寄り部分を徐行(いつでも止まれる速度)し進行しなけれぱなりません(歩行者の通行を妨げることとなる場合は一時停止)。
『自転車歩道通行可規制』が実施されている歩道上で、さらに、『自転車通行部分指定』が実施されている場所では、指定された場所を徐行して進行しなければなりません(歩行者の通行を妨げることとなる場合は一時停止)。
自転車で事故を起こすと責任を問われます。
民事上の責任
交通事故によって他人を死亡させたり、けがをさせた場合「損害賠償」という形で金銭上の責任が問われます。自転車の事故により相手を死亡させ、5000万円の損害賠償の支払いを命じられた例もあります。
刑事上の責任
交通事故に対する刑罰には上記のように懲役、禁錮、罰金、科料の4つの種類があります。

道路を横断するときの交通対策について

横断歩道や信号機のある交差点が近くにあるときは、必ずその横断歩道や信号機のあるところを横断するようにしましょう。
また、横断歩道橋や横断用地下道などの安全に横断するための公共施設がある場合は、できるだけその施設を利用するようにしましょう。また、斜め横断はわたる距離が長くなり運転者にとって大変危険ですのでやめましょう。
信号機のある場所では、青信号で安全を十分に確認してから渡り始め、横断中も右、左折車などに注意します。また、赤信号はもちろん、黄信号や歩行者用の信号の青色点滅でも横断せずに次のあおう信号を待ちましょう。

夜間における歩行者の交通安全対策

早朝や夕方、夜間、雨の日などは見通しが悪く、運転者から歩行者がよくみえず、非常に危険です。
夜間などに道路を横断する機会のあるときは車の運転者からよく自分が確認できるように道路照明のあるところなどの明るいスポットを選んで横断しましょう。
また、夜間などにおいては自動車の速度や遠近がわかりにくい場合が多々ありますので、道路を横断するときは自動車が来ないことを十便に確認したうえでわたるようにしましょう。
また、夜間の交通安全として外出時の服装は出来るだけ黒っぽい感じの服装をやめて、目立つ色や蛍光など明るい服装を心がけるようにしましょう。

夜間における自転車の交通安全対策

自転車を運転するときの交通安全対策のひとつとして、夕方や夜間、雨の日などの運転環境も悪く、見通しも悪い場所などでは、車から発見されやすくしなければならないのでかならずライトを点灯させ、無灯火で自転車運転を絶対に行わないようにしましょう。また、自転車の運転中は目立つ色や明るい炉の服装や反射材をつけるようにして自動車運転者からの発見もしやすいようにこころがけましょう。

夜間におけるバイクや四輪車の交通安全対策

夕方や夜間などや見通しの悪い天候などのときにバイクや四輪車に乗るときには、必ずライトの点灯を義務づけ、通常の運転よりも若干遅めでゆったりとした運転を心がけ運転に対して慎重な体勢をとりましょう。夕方や夜間は自動車が見えにくくなると同時に、自動車と歩行者との距離間隔がつかみにくくなってしまい非常の危険な状態になってしまうので、できるだけ控えるようにしましょう。また、対向自動車のライトにより目がくらんでしまったり危険を感じたときは減速もしくは徐行、停車をおこない周辺に安全を確認して安全運転を行いましょう。また、時折、自分の運転する自動車と対向自動車のライトにより、道路中央付近の歩行者が見えなくなってしまう蒸発現象が発生したりしますので十分に気をつけて運転を行いましょう。

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報