九州の安くてお得な免許合宿をご紹介!東京・大阪・福岡から自動車学校探しは九州合宿免許センターにおまかせ。

安全運転【交通安全について】雨のときの自動車運転

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報

安全第一交通安全について

自動車社会において自動車学校の役割として道路交通法の基本、『安全で一生無事故のドライバー育成と地域交通社会に貢献する』ことを目指し、また免許取得を通して命の大切さ、命の尊さを深く認識してもらい、安心安全に対する強い自覚を芽生えせる事を目的としています。
また、高齢者の交通安全活動の実施に必要な手法や知識を習得し、常に指導力の向上をはかるとともに、参加、体験、実践型の高齢者交通安全教育の推進役となっていくものとして公安委員会指定自動車学校があるといえます。
こちらのページでは運転免許所有者も運転免許を持っていない方も同じ車社会に生きるものとして必要な情報を集めました。

自動車運転における死角について

車両間の意志の疎通方法について

適性検査結果に基づく行動分析について

人間の能力と運動について

安全速度と車間距離について

二輪車の特性と乗車姿勢と走行の仕方

歩行者の交通安全について

雨のときの自動車運転について

霧のときの自動車運転について

砂利道やぬかるみなどがあるときの運転について

自動車故障や燃料切れなどにより走行が不可能になった場合

災害などの発生時の対策について

交通事故の悲惨さについて

自動二輪の露出について

シートベルトの着用について

雨のときの自動車運転について

雨の日の自動車運転  雨天時の自動車運転による路面のすべり

雨の日の自動車運転とはどういうものか・・・・?

雨の降る日は司会も悪くなるのは当然ですがそのほかにも自動車を運転する上で注意しなければいけない点がいくつもあります。
ここではそういった雨の日の自動車運転中のさまざまな注意点について一緒に考えていきたいと思います。
雨の日の運転で一番気をつけないといけない点としては路面が滑りやすい点と視界が悪い点でしょう。
さらに、雨天時は歩行者もかさなどを指しながら足元などに注意がいっていることが多いため、自動車運転者にとってはさまざまな悪条件が重なるという事実も校了した上で慎重かつ安全な自動車運転を心がける必要があるといえます。

雨天時の自動車運転の視界について

雨の日の自動車運転視界はワイパー作動範囲に狭まれてしまい、周囲の状況や運転環境などの状況判断が通常の運転時よりも困難になるのは確実です。
ワイパー作動が鈍くなってりすると運転中の視界はさらに悪くなり、雨天時の自動車運転の大きな障害となってしまいますのでワイパーに関しては常日頃からの点検整備が必要です。
また、窓ガラス自体も雨天時の運転ではどうしても曇りやすい状態になってしまいますので、エアコンやデフロスターをうまく利用したり、運転前に曇り止めスプレーなどを使用することにより雨天運転時視界を出来るだけよくできるように心がけましょう。
また、昼間の雨天時の自動車運転中にどうしても視界が悪いときは、昼間でも自動車のライトをつけるようにしましょう。特に高速道路などでは対向車などの大量の水しぶきにより視界がいきなり悪くなることもあるので自動車ライトを点灯させ自分の自動車の存在を対向車に知らせるようにこころがけましょう。

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報