九州の安くてお得な免許合宿をご紹介!東京・大阪・福岡から自動車学校探しは九州合宿免許センターにおまかせ。

安全第一交通安全について

自動車社会において自動車学校の役割として道路交通法の基本、『安全で一生無事故のドライバー育成と地域交通社会に貢献する』ことを目指し、また免許取得を通して命の大切さ、命の尊さを深く認識してもらい、安心安全に対する強い自覚を芽生えせる事を目的としています。
また、高齢者の交通安全活動の実施に必要な手法や知識を習得し、常に指導力の向上をはかるとともに、参加、体験、実践型の高齢者交通安全教育の推進役となっていくものとして公安委員会指定自動車学校があるといえます。
こちらのページでは運転免許所有者も運転免許を持っていない方も同じ車社会に生きるものとして必要な情報を集めました。

自動車運転における死角について

車両間の意志の疎通方法について

適性検査結果に基づく行動分析について

人間の能力と運動について

安全速度と車間距離について

二輪車の特性と乗車姿勢と走行の仕方

歩行者の交通安全について

雨のときの自動車運転について

霧のときの自動車運転について

砂利道やぬかるみなどがあるときの運転について

自動車故障や燃料切れなどにより走行が不可能になった場合

災害などの発生時の対策について

交通事故の悲惨さについて

自動二輪の露出について

シートベルトの着用について

最高速度の厳守について

歩行者の交通安全について  最高速度の厳守について

最高速度の厳守について

速度の出しすぎは、車を正しくコントロールできなくなるばかりではなく、情報を的確に正しくとらえることが出来なくなるなど、事故に直結する危険性を持っています。
車を運転するときは、道路や交通の状況に応じて定められた規制速度や車の種類によって定められた法廷速度を正しく守り、安全な運転に勤めなければなりません。

規制速度と法廷速度について

①規制速度
車や路面電車は、標識や表示によって最高速度が指定されている道路では、その速度【規則速度】を超えて運転してはいけません。
ただし、原動機つき自転車は、標識や表示によって自足30キロメートルを超える最高速度が指定されている道路であっても、自足30キロメートルを越えて運転してはいけません。補助標識によって特定の車の種類に限って最高速度が指定されている道路では、その車種の車は、その最高速度をこえてうんてんしてはいけません。
②法定速度
標識や表示によって最高速度が指定されていない道路【高速自動車国道を除く】では、車の種類によって定められる最高速度【法定速度】を超えて運転してはいけません。
高速道路について
道路法で高速自動車国道と分類された有料の道路のこと。日本道路公団が建設と管理を任されている。現在、東名自動車道や常磐自動車道、山陽自動車道など、合わせて47路線ある。
高速道路で通行できない車について
高速道路とは、高速自動車国道と自動車専用道路をいいます。一般道路と分離されていて、自動車専用の道路でになっています。市街地やその周辺の地域の交通 の円滑を図るために作られています。ミニカー、125CC以下の普通自動二輪、原動機付自転車、小型特殊自動車、故障車をけん引している自動車は高速道路を通行できません。
高速道路での禁止事項について
高速道路では、転回、後退または横断をしてはいけません。本線車道に入ろうとする緊急自動車、出ようとする緊急自動車の通行を妨害してはいけません。高速 道路では、危険防止ややむを得ない場合を除いて駐停車をしてはいけません。故障時には、十分幅のある路肩や路側帯に入って停止をしなけ ればなりません。
二輪者の二人乗りについては、大型二輪免許または普通自動二輪免許を取得し た人で、20歳未満の人と、運転経験が3年未満の人は高速道路での二人乗り運転が出来ません。
有料道路について
一般有料道路は、国の貸付金、県の出資金、公営企業金融公庫、市中銀行からの借入金を用いて、都道府県道を早期に完成させ、完成した道路から通行料金を徴収してその返済に充てるものです。
有料道路のしくみ・通行料金とは?
料金の額は、国土交通大臣の許可を受けて決定されますが、次の原則に基づきます。
1 一定の料金徴収期間内に得られる料金収入の総額をもって、建設費、維持管理費、借入金にかかる利息等の総費用を償います。
2 現道を通行(利用)する場合と比較して、有料道路を通行(利用)することにより「通常受ける利益」(便益額)の限度を超えない額となります。
便益額は、「時間便益(有料道路利用による短縮時間を貨幣価値に換算したもの)」+「走行便益(有料道路利用による走行経費の節約額)」で計算されます。
自転車の制限速度について
50km/hまでになります。標識に表示された速度を規制速度という。
標識がない道路の制限速度は法定速度となります。
自動車は60km/h、原動機付自転車は30km/hと規定されていますが、自転車(軽車両)に関する規定はないようです。

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報