九州の厳選した自動車学校の免許合宿プランをご紹介!東京・大阪・福岡からの合宿免許は九州合宿免許センターにおまかせ。

rank_sm

安全運転【交通安全について】

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報

安全第一交通安全について

自動車社会において自動車学校の役割として道路交通法の基本、『安全で一生無事故のドライバー育成と地域交通社会に貢献する』ことを目指し、また免許取得を通して命の大切さ、命の尊さを深く認識してもらい、安心安全に対する強い自覚を芽生えせる事を目的としています。
また、高齢者の交通安全活動の実施に必要な手法や知識を習得し、常に指導力の向上をはかるとともに、参加、体験、実践型の高齢者交通安全教育の推進役となっていくものとして公安委員会指定自動車学校があるといえます。
こちらのページでは運転免許所有者も運転免許を持っていない方も同じ車社会に生きるものとして必要な情報を集めました。

自動車運転における死角について

車両間の意志の疎通方法について

適性検査結果に基づく行動分析について

人間の能力と運動について

安全速度と車間距離について

二輪車の特性と乗車姿勢と走行の仕方

歩行者の交通安全について

雨のときの自動車運転について

霧のときの自動車運転について

砂利道やぬかるみなどがあるときの運転について

自動車故障や燃料切れなどにより走行が不可能になった場合

災害などの発生時の対策について

交通事故の悲惨さについて

自動二輪の露出について

シートベルトの着用について

人命を尊重するの精神について

歩行者と自転車の交通安全について  人命を尊重するの精神について

人命を尊重する精神について

交通事故というのは、運転者や歩行者などのちょっとした不注意や過失によって引き起こされており、努力しだいで防ぐことが出来るものだといえます。現代社会のように車や人がごった返している道路において、ほんのわずかな不注意や、ルールの無視、認識の甘さや油断が交通事故の発生をもたらす可能性は大いにあります。
このような状況の中で私たち運転者一人ひとりが、車社会の担い手として深い自覚と認識、責任ももった行動をしていかなければならないのです。われわれ運転者というのはちょっとしたミスが人命を奪う危険な業務、行動をしているということを、十分に理解し、自分の能力、集中力のすべてを研ぎ澄まして安全運転を行う必要があるのです。そうすることによりはじめて安全な交通社会を作っていけるではないのでしょうか?

①交通ルールを守るのが最善の安全運転

スポーツやゲーム、世の中のさまざまなことにおいてルールを守らない人はそれを行う資格がないといえます。
交通ルールを守らない人はいくら運転免許を所持していようと車を運転する資格があるとはいえません。交通ルールというのは、人や車が安全安心に進行できるように定められているものですから、必ずルールを守った運転を行うことが最善の交通安全だといえます。

②人命の尊さを知ることがとっても大事

運転者に最も求められるものは人の命の尊さを知って、豊かな人間愛をもつということです。
そうすることによっておのずとスピードが制御され、運転ハンドルの切り方も慎重になって、他人に対しても思いやるのある運転が出来るようになります。

③運転技能の過信に注意!!!

運転技術の過信は、かならず無理な運転につながってきます。
自分の運転は相当レベルが高いとか、私は天才だなどと自分を過信したことが原因となって、大きな事故を起こした例は少なくありません。運転免許取立てや運転の経験の浅い人ほど、慎重な運転をおこない、運転歴の長い人や運転が得意な人であっても、謙虚な運転マインドを持って車社会で活動することがとても大切だといえます。

④一人の人格として責任感をもつこと!

運転者は、交通ルールを守り、安全運転する義務がありますが、同時に、事故を絶対に起こさないという強い自覚と認識、責任感を持って運転しなければなりません。

⑤運転中の譲り合う心がとっても大切!

道路というのは運転者お互いが相対的に譲り合って利用すべきものだといえます。自己中心的な考え方を出来るだけ捨て、お互いが譲り合いの気持ちを持って、運転するように心がけましょう。
実際の交通社会ではルールだけでは解決できないことがたくさんありますがこの未解決な部分を解決できるのが譲り合う気持ちだといえるのではないでしょうか?

自動車学校について  自動車知識  安全運転について  その他の情報